CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
アコースティックユニット「ふくろう」のブログです!

「ふくろう」...
大江友海(vo)
ヤタロー(vo&p)
渡辺裕太(gt)
夏樹(harmonica)
ふくろう
ふくろうの夜〜第二夜〜ライブレポ。
 ヤタローです。
 
「ふくろうの夜〜第二夜〜」
終わりました。
 
とてもとてもとても楽しかったです。


ゲストのパーカッショニスト笠井くんと、ふくろう。


以下、セットリスト。
 

■1st stage
1.Don`t go no further / willie dixon
2.Silent movie
3.Both sides now / joni mitchell
4.バス停
5.Water is wide / traditional
 
■2nd stage
1.群青雲
2.Falling slowly / glen hansard
3.Many rivers to cross / jimmy cliff
4.I say a little prayer / swan dive
5.Isn`t she lovely / stevie wonder
6.Lean on me / bill withers
 
■encore
1.wonderful world / chris eaton
 

2ステージに分け、たっぷりとお届けさせていただきました。
 
後半につれてどんどん盛り上がって、
僕らも楽しくなってしまってしょうがなくなって、
それがお客さんにも伝染して、きっと楽しんでもらえたんじゃないかと思います。
 
やっぱり僕はふくろうというバンドが好きです。
 
このバンドが僕に色んなことを気付かせてくれる。
自分のブログにも書いたけど、
 
音楽っていうのは凄い自由で、
また自然なもので、
僕が思ってたよりも更に素敵なモノのようです。

いいね。
いいね!


来ていただいたたくさんのお客様、
ありがとうございました!
今年の夏、ふくろうは様々な場所でライブをする予定です。
お見逃しなく!!!!


この日のオリジナルカクテル、「群青雲」。
なっちゃんの作ったオリジナル曲にちなんでおります。

素敵なカクテルをつくってくれるCCOさん、ありがとうございます。
お世話になっています。
今後もよろしくお願いします。



ヤタロー
| live report | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
the leading cafe終わりました
ヤタローです。

昨日行われた、学生団体「creo」さん主催イベント「leading cafe」が終わりました。


写真はありません。笑
creoさんスタッフがパシャパシャしてたからどっかにあるんだろうなあ。
欲しいなあ

もらいました。
the leading cafe
演奏中。

セットリスト。

1.Both sides now
2.Desperado
3.Falling slowly

こんな感じ。

素敵なイベントでした。
自分らの演奏も3曲目にはかなりビシバシきてたと思います。(俺的にはね!俺のvoが声割れたらしいけど笑)

それにしても、
夏樹がいないとすべてが変わってくる。
実感したなーー。

ハーモニカっていうのはイワユル上もの楽器だけど、
僕らふくろうにとっては彼の存在はそれとは違う。

4人のうち、誰かがきっかけで創り出された空気に
残り3人が一人残らず乗っかってって混ざってって、
はじめてふくろうになるんだな。

昨日は昨日で楽しくて、ダメだったわけじゃないんだけどね!笑。
次のふくろう主催ライブが更に楽しみになった。

早く4人で合わせたい。

夏樹よ、
早くかえってこーい。
大阪で食い倒れている場合ではない。
詳しくは彼のブログまで。


the leading cafe
ライブ終了後、学生団体さんの発表を真面目に聞く三人。
ピッチャーが空いてることは気にしないでください。

Next Live!!!
■7/14

「ふくろうの夜〜第二夜〜」
@下北沢BAR?CCO
open19:00/start20:00(2ステージ制)
charge:¥1500
(当日のみ)

| live report | 11:30 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |